Language:
(Requires cookies for changing the display language.)

ヒト用横型3テスラMRI装置(H3T)

ヒト用横型3テスラMRI装置の写真

ヒト用横型3テスラMRI装置(H3T)は国内最初のヒト用MRI装置として1996年4月に導入された。

T2Rコントラストによる高解像度画像をはじめ、ファンクショナルMRI,拡散解析、MRスペクトロスコピーイメージングなど多岐にわたる非侵襲的脳機能画像を早期より国内外にレポートしている。現在も国内外の研究者との共同研究が引き続き行われている。

 

ヒト用縦型3テスラMRI装置(V3T)

ヒト用縦型3テスラMRI装置の写真

縦型垂直ボアのヒト用MRI装置として世界で初めて1999年1月にGE社との共同研究開発により導入された。それまでのすべてのファンクショナルMRI装置では被験者は仰臥位のままであった。しかしながら、この装置では被験者は二足起立はもちろん、昇降する椅子に着座し、車を運転しピアノをはじめとする楽器を演奏するなど従来の横型MRI装置では不可能であった種々の課題を遂行することができる。

覚醒しているヒトは高度な認知作業をする際に仰臥位を取ることはまず無い。しかし、従来のMRI装置は臨床用に横型にシステム設計がなされており、それまでのすべてのファンクションMRIによるヒト脳機能解析は仰臥位でのみ行われていた。この縦型装置によって、二足起立の脳機能、重力の組織還流に及ぼす影響や脳虚血と重力の関係の解析が可能となった。

ヒト用7テスラMRI装置(7T)

ヒト用7テスラMRI装置(7T)の写真

臨床画像研究の目的の一つは顕微鏡的解像度の画像を得ることである。すでに、3テスラのMRI装置を用いる事でかなり病理学的解像度に近い画像をルーチンの臨床画像において実現している。しかし真のMR顕微鏡(MR microscopy)を実現するためには更に高いS/N比が必要なのはあきらかである。我々は2003年の4月にヒト用7テスラMRI装置(7T)を日本で初めて導入した。

0(ゼロ)テスラ(MRIプレパレーションシステム)

小児や、未成熟な発達段階の被験者のみならず、MRI検査に対して不安の強い人を対象とする場合、精神心理的な意味での非侵襲性への配慮は、臨床では極めて重要であることはいうまでもない。当センターでは、MRIプレパレーションシステム「ゼロテスラ(Zero-tesla)」を開発し、被験者の状態に合わせたわかりやすい検査手順説明を、時間をかけて十分に行っている。すなわち、実寸大の装置での遊びから視覚的・聴覚的に疑似体験をすることにより不安が解消される。その結果、低年齢の小児であっても鎮静処置などを必要とせず、まさに生理的状態での構造/機能解析を可能としてきている。

0T室の写真

動物用3テスラMRI装置(mini3T)

Magnet, Gradient Amp, RF amp, exciter, receiverなど各パーツから自分たちの手で組み立て、調整を行った統合脳機能研究センターオリジナルのMRI装置で、磁場強度は3テスラである。

Gradient Coil挿入後の開口部の直径は10cm程度の小型マグネットを使用しており、主にマウス、ラットなどの小動物の脳構造の解析に使用している。

また、一般の人間用MRI装置と違い、シーケンス等の撮影条件は自分で作成しなければならないので、MRIの基本原理の教育用に使用し、また最小単位で構成しているのでMRI装置自体の機械的な基本原理の教育用にも使用している。

mini-3T装置の写真
Mini3T MRI System
mini-3T装置で得られたT1 weighted iamgeの例
T1WI
mini-3T装置で得られたT2 weighted imageの例
T2WI
mini-3T装置で得られたdiffusion weighted iamgeの例
DWI

動物用7テスラMRI装置(mini7T)

MRの大きな特徴の一つは、測定時における生物に対する無侵襲性であり、基本的に被写体がマグネットに横たわるのみで、種々の生体に対する情報を得ることが可能である。この特徴により、実験機を用いて開発・検討された測定法を比較的短期間で臨床に応用することが可能である。我々は動物実験用mini-7T装置を導入し、種々の生体情報の測定法を開発することにより、動物実験から臨床研究への橋渡しを精力的に進めている。

mini-7T装置で得られた実験結果
LASER法によりマウス脳の微小領域より観測された1H-MRS。
各部位の代謝物分布の違いが明確に理解できる。


Copyright © 2019 Center for Integrated Human Brain Science, University of Niigata.
Created this page in 0.03 seconds